Vラインの毛を少し残すというのが最近のVIO脱毛の主流

Vラインの毛を少し残すというのが最近のVIO脱毛の主流

今までデリケートゾーンの毛を処理する時は下着からはみ出さない程度に処理するというのが主流でしたが、ここ数年で女性の美意識が高まってきたせいかデリケートゾーンの毛を脱毛してしまう人が増えています。デリケートゾーンはビキニラインのVライン、膣付近のIライン、ヒップ付近のOラインに分かれていて全部合わせるとVIOとなるので脱毛サロンではVIO脱毛と呼ばれています。

 

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける前に不安な点を挙げるとしたら施術中に痛みが出てしまうのかという点でしょう。脱毛サロンは出力の弱い光脱毛という施術方式を採用しているので肌にかかる負担が少ないので痛みに関してはほとんど出ないと言われています。しかしデリケートゾーンは皮膚が薄いので人によっては痛みが出てしまう可能性があるようです。特にIラインの皮膚は薄いのでIラインを施術している時は注意が必要です。もし痛みが出てしまった場合はすぐにスタッフに方に伝えて麻酔を使用してもらいようにするといいでしょう。

 

VIO脱毛は基本的にすべての毛を脱毛するのですが、今まで脱毛する習慣がなかったせいかデリケートゾーンがツルツルになるのは抵抗がある女性が多いようです。そのためVラインの毛を少し残すというのが最近のVIO脱毛の主流になっているようです。

 

Vラインの毛を残す形は逆三角形型、たまご型、ハート型などいろいろありますが、最もスタンダードなのは逆三角形型です。逆三角形型はビキニラインに合わせる形となるので自然体に残す事が出来ます。特に清潔感を出すには小さめの逆三角形型にするといいでしょう。

 

逆三角形型の次に人気がある形はたまご型になります。たまご型に残すと逆三角形型より可愛いい感じで女性らしさを出す事が出来ます。そのため若い女性に人気の残し方になっています。

 

Vラインをおしゃれに見せたいという人はハート型に残すという人が多いです。しかしハート型に残す場合は人によって良い印象を持たれない可能性もあるのでその辺りも考えてやる必要があるでしょう。