医療脱毛とサロンでの脱毛を、体験をもとに比較

医療脱毛とサロンでの脱毛を、体験をもとに比較

最近は、脱毛をされている方が男女問わず増えてきましたね。まだまだ寒い時期ですが、これからの季節に向けて始めようか、通うのを再開しようか迷っている方も多いと思います。

 

この記事では、医療脱毛とサロンでの脱毛を、体験をもとに比較します。効果が感じられない、追加で契約したい、医療かサロンで迷われている方の参考になればと思っています。
初めに、簡単に医療脱毛とサロン脱毛の特徴や違いを説明しようと思います。ご存知の方は飛ばしてくださいね。

 

医療レーザー脱毛、レーザーなどと呼ばれていますが、どちらも同じです。クニリック(つまり医療施設。医師と看護師がいます。)で行い、呼び名や料金設定もそれぞれです。代表的な機器の一つとして、「ダイオード」や「アレキサンドライト」などが挙げられます。毛の根元にあるメラニン色素にレーザーを照射して、毛の発達や再生するための組織(毛根)を破壊します。

 

 

近年は、新たなサロンも増え、呼び名・価格・プラン・部位などが実に様々です。医療よりもサロンで!と決めた後も、今度は多すぎるサロン選びに悩みを持つ方も少なくないと思います。フラッシュ脱毛、光脱毛、S.S.Cなどと呼ばれています。光線を照射して、毛の成長を遅く、細くしていく方法です。

 

双方経験した筆者が、最大の違いだと感じるのは「価格」と「痛み」です。よく口コミなどで目にする、対応の悪さ、予約の取りづらさ、当てムラなどは特別気にはなりませんでした。正直、1-2回施術を受けた時点では、特に当てムラは全く分かりません。と言うのも、産毛程度の方の効果は分かりませんが、数回の施術で毛が目に見えて減っている!なんてことがないからです。

 

価格は、脱毛を決心した後に大変大きなウエイトを占めると思います。クリニックによって多少の変動がありますが、サロンと比較すると桁が違うと感じる方もおられると思います。筆者もそうでした。しかし、筆者は色白・毛深い・剃毛で毛が濃くなって剃った後に毛穴が目立って汚い、の3拍子で一刻も早く脱毛したかったので、ひざ下・脇は医療レーザーを選びました。初の脱毛でです。両部位とも5回の施術で10万円を超えたと記憶していますが、後悔はありません。

 

今も、例えるなら眉毛・まつ毛よりも細い毛が生えてきますが、目立たないのでほとんど自己処理はしていません。

 

痛みは、実際個人差があるのは本当だと思います。毛の濃さ(黒さ)によって変わるからです。筆者は医療レーザーを母と受けていましたが、母は過去にニードルの激痛を味わっているので、余り痛くないと言っていました。現在は、全身脱毛プランでサロンで契約していますが、その背景は痛みの違いです。VIOも薄くしたいと思っていたので、医療レーザーの激痛には場所的にも耐えられないと思いました。ひざ下の時に激痛と、毛穴が一時的に炎症を起こして(正常な反応です。)真っ赤になりました。輪ゴムではじかれる程度、とうたう施設が多いですが、普通の輪ゴムと罰ゲームで口にくわえる輪ゴムじゃレベルが違うだろう!とさえ思っていました。

 

気になる効果ですが、医療レーザーの方が断然効果的でした。筆者としては、価格・脱毛を完了したい(自己処理不要)・痛みに耐えられるかのバランスだと思っています。VIOも、サロンでのプランが終わって物足りなければ医療レーザーを受けることも視野にいれています。

 

昨今、脱毛はプラン、場所、価格と選ぶ項目が多く迷うこともあると思います。しかし、逆を言えば自分の好きなようにカスタマイズできると思えるので、納得した上で決めると良いと思います。"